江戸時代の鎌ケ谷には、下総小金牧という馬を育てる牧がありました。